FC2ブログ

京急新1000形17次車登場


前々から話題になっていたステンレス塗装している新たな新1000形に関して公式から詳細が発表されました。



従来の新1000形(ステンレス車)では、先頭部のみ普通鋼に塗料を用いて塗装し、そのほかはカラーフィルムをラッピングしておりましたが、17次車においては全面エナメル塗装とすることで、ドア周りや窓枠まで赤と白を基調とした“京急らしさ”を表現しております。←引用

6連2本1613,1619
8連3本1201,1209

8連は本来なら1193からですが、京急創立120周年を記念して1200番台をしようするみたいで。。
皆さんご存知の通り、この新造車導入で置き換えられる車両がでるわけです。。


今回から変更されるLCD。二画面一体型で東京メトロ1000系もこれを採用してたりします。

〈新1000形〉

2002年登場 アルミ車

2017年9月より復帰した更新車

2007年登場 ステンレス車


2016年登場 1800番台

2017年登場 16次車マイナーチェンジ

これに17次車や黄色いヤツを加えるとかなりのバリエーションとなり、もはや同形式とは思えません笑 ステンレスは塗装をしない、コストを抑える、錆びにくいなどの利点がありますが、これではステンレスの意味が無いのでは?というのがブログ主の個人的な感想です~ 
8連は3本の導入で一旦終了するのではないのでしょうか。今後ホームドアで置き換えなければならない4ダァーの電車もいますし、2000形もですが徐々に800形もカウントダウンが始まっています。。
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
京急が10年前にやめたはずの全塗装新造車を復活させたり相鉄が10年ぶりに紺色一色の全く新しいカラーリングを生み出すあたり、車体に塗装することに思い入れが強いかもしれませんね。
(ちなみに江ノ電新500形は塩害対策でオールステンレス構造を採用しましたが、江ノ電らしさを出すために全塗装を採用したんだとか)

Mori@Forest

2017/12/01 URL 編集返信

No title
> Mori@Forestさん
コメントありがとうございます。
10年前の京急の理屈だと、工場の塗装設備を廃止して塗装せずコスト削減を目的としてたみたいですが、やはり会社側も京急らしくないと思ったのでしょうかね笑 関東でステンレスに塗装するのは極めて珍しいですね。

どっかのダルマ

2017/12/03 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

revival8231

Author:revival8231
いつでも眠い!!

【いつでも眠い!!】
~無断転載はご遠慮くださいませ~
Twitter→@revival800
旧ブログ→京急電車撮影の日々

訪問者数(Yahoo!ブログと合わせて)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR